日本語
 Faculty
 Division of Humanities and Social Sciences
 Research Group of Human Sciences
Associate Professor
MOTOYAMA   Masako

Other faculty or department / position
Faculty of Letters Department of Human Sciences Courses of Psychology
Graduate School of Humanities and Sciences Master's Course Department of Human Behavioral Sciences

Career
奈良女子大学文学部講師  2001/04-2004/03 
奈良女子大学文学部助教授  2004/04-2007/03 
Associate Professor  2007/04-Present 

Graduate school
Shiraume Gakuen University  Doctor course  子ども学研究科    2017  Completed  Domestic   
Ochanomizu University  Doctor later  Graduate School, Doctral Research Course in Human Culture    2001  Withdrawn after completion of required course credits  Domestic   
Tokyo Gakugei University  Doctor prophase  Graduate School, Division of Education  学校教育専攻  1994  Completed  Domestic   
Musashino Academia Musicae  Doctor prophase  Graduate School, Division of Music    1987  Completed  Domestic   

School
Musashino Academia Musicae  Faculty of Music  声楽学科  1985    Domestic   

Academic degrees
博士(子ども学)  Shiraume Gakuen University   
(BLANK)  Tokyo Gakugei University   
(BLANK)  Musashino Academia Musicae   

Current state of research and teaching activities
学校や幼稚園・保育園における教育や保育の実践や、コミュニティおける教育経験の伝承について、フィールド心理学の手法を用いて研究しています。理論的には「学習」という営為の成立について「自己組織化」という論点から研究すると同時に、活動デザインの観点から実践開発を現場と共に進めています。   

Current research field
Educational Psychology 
Developmental Psychology 
Child Psychology 
Educational Research 

Research keywords
教育心理学、発達心理学、学習論、学級文化、質的研究、フィールド心理学、活動デザイン 

Subject of research
学校教育における学習の自己言及性  学校教育 学習 自己言及性   
幼児教育における学習とカリキュラムのデザイン  保育 幼児教育 カリキュラム デザイン   
地域コミュニティにおける生涯発達:修学期を中心としたライフストーリー研究  地域 生涯発達 ライフストーリー   
幼児教育における協同性の発達と思考力の育成  幼児 保育 協同性 思考力   
Qualitative Research on Emergent Processes of Learning and Culture in the Classroom  classroom culture,learning,qualitative research   

Proposed theme of joint or funded research
Research on Teaching and Learning in the School    Joint research with other research organizations such as universities.     
Research on Learning Processes in the Community    Joint research with other research organizations such as universities.     
Research on Processes of Learning and Communication of Folk Entertainment    Joint research with other research organizations such as universities.     
View details...

Books
はじめての質的研究法:教育・学習編  2007/07  東京図書  134-162  秋田喜代美・藤江康彦ほか     
総合学習「にんげん科」のカリキュラム開発,実践編1:食で学ぶ命・環境・異文化・生き方  2006/08  明治図書  136-146  多田俊文ほか     
よくわかる臨床発達心理学  2005  ミネルヴァ書房  38-39  浜田寿美男・麻生武ほか     
質的心理学:創造的に活用するコツ  2004  新曜社  84-89  無藤隆・やまだようこ・麻生武・サトウタツヤ・南博文ほか     
教育心理学(共著)  2004/07  北大路書房  60-72  無藤隆・麻生武ほか     
View details...

Papers
世代生成の学としての「子ども学」  奈良女子大学文学部研究教育年報  Bulletin of Universities and Institutes  Only  5, 39-41  2008/12         
文学部子ども学プロジェクトにおける活動の展開  奈良女子大学文学部研究教育年報  Bulletin of Universities and Institutes  Joint  5, 15-18  2008/12  東村知子       
教育困難校の授業における教師の実践知:高校3年生の数学科を事例に  物語知の臨床実践へのフィールド的基礎研究(平成17年度〜19年度科学研究費補助金(基盤研究(C))研究成果報告書(研究代表:森岡正芳))  Other  Only  145-166  2008/03  本山方子       
文学部共通科目「学ぶことと女性のライフスタイル」の教育実践とその成果  奈良女子大学文学部研究教育年報  Bulletin of Universities and Institutes  Joint  4, 3-15  2007/12  野村鮎子他15名       
教育実践を語る位置:質的心理学によって可能になること  臨床教育学的・エスノグラフィー的・物語論的教育研究の展開:学校における言説空間の輻輳性に着目した授業研究の試み(平成16年度〜平成18年度科学研究費補助金(基盤研究(C))研究成果報告書(研究代表:本山方子))  Other  Only  55-62  2007/03         
View details...

Memberships of academic societies
日本教育心理学会 -Present  Domestic
日本発達心理学会 -Present  Domestic
日本質的心理学会 2004-Present  Domestic
理事(2004年~)、常任理事(2007年~) 2004-2013/03
日本心理学会 -Present  Domestic
日本教育工学会 -Present  Domestic