日本語
 Faculty
 Division of Human Life and Environmental Sciences
 Research Group of Environmental Health
Assistant Professor
Uchida   Yuki
Birth:1982

My website is here.

Other faculty or department / position
Faculty of Human Life and Environment Department of Health Sciences Courses of Environmental Health
Graduate School of Humanities and Sciences Master's Course Department of Health Science

Career
株式会社アイネス システムエンジニア  2004/04/01-2006/05/31 
早稲田大学人間科学部統合生理学研究室 実験補助員  2006/12/01-2007/03/31 
早稲田大学人間科学部通信課程(eスクール) 非常勤講師(教育コーチ)  2009/04/01-2012/03/31 
早稲田大学人間科学部 ティーチングアシスタント  2009/04/01-2012/03/31 
国立大学法人 高知大学医学部解剖学講座 専任助教  2012/04/01-2016/03/31 
高知県医師会准看護学院 非常勤講師(解剖生理学)  2013/04/01-2016/03/31 
国立大学法人 奈良女子大学生活環境学部・大学院心身健康学科生活健康学コース 専任助教  2016/04/01-Present 
関西医科大学 生物学講座 研究員(兼任)  2017/10-Present 

Graduate school
Waseda University  Master course  Graduate School, Division of Human Science  統合生理学  2009/03/15  Completed  Domestic   
Waseda University  Doctor course  Graduate School, Division of Human Science  統合生理学  2012/03/15  Completed  Domestic   

School
Waseda University  Faculty of Human Science  人間基礎科学科  2004/03/15  Graduated  Domestic   

Academic degrees
修士(人間科学)  Waseda University  2009/03/15 
博士(人間科学)  Waseda University  2012/03/15 

Licenses and qualifications
基本情報処理技術者  2005   
XMLマスターベーシック  2005   

Current state of research and teaching activities
2016年から女性環境科学研究室を開講しました。健康内科学研究室(森本恵子教授)と連携して、主に女性ホルモンと体温調節などについて研究しています。女性の冷えに興味のある皆さん、一緒に研究してみませんか?   

Current research field
General Anatomy(includes Histology/Embryology) 
General Physiology 
Environmental Physiology(includes Sports Medicine/Nutritional Physiology) 

Research keywords
女性ホルモン
摂食ホルモン
体温
脳神経解剖
ストレス
女性の快適性 

Subject of research
体温調節行動を修飾するエストロゲンは末梢温度受容分子に影響するか?-香辛料の観点から-  estrogen  2015- 
[研究協力] 衣類内温度計の開発に関する協力(株式会社フジキンソフト ICT事業本部)  温度計、女性の体温  2016-2016 
[共同研究] エストラジオール消退に伴う暑熱耐性低下メカニズムの探索  エストロゲン、熱中症、女性  2016-2017 
[共同研究] 若年及び中年女性における冷え症の調査―脂肪摂取との関連―  冷え症  2016- 
若年女性の月経周期が冷受容分子刺激時の体温調節反応におよぼす影響  月経周期、エストロゲン  2017- 

Scientific inquiry expense
冷受容分子とエストロゲンに着目した若年女性の冷えのメカニズムの解明  若手研究(B)  2017-2020 
エストラジオール消退に伴う暑熱耐性低下メカニズムの探索  萌芽研究  2016-2018 
エストロゲンの尾隠し行動への影響―女性の寒冷時行動性体温調節メカニズムの解明―  若手研究(B)  2014-2017 
絶食が尾隠し行動に与える影響-行動性体温調節のメカニズムと性差の解明-  その他  2012-2014 
View details...

Research cost, Donation cost, etc.
脂肪酸とエストロゲン  Science research expense  平成29年度女性研究者研究推進経費  2017-2018 
国内学会参加支援(雌ラットにおいてエストロゲンがL-メントール刺激時の体温調節行動へ与える影響について発表)  Science research expense  平成29年度研究スキルアップ経費  2017-2018 
The effect of menstrual cycle phase on foot skin temperature during mild local cooling in young women  Science research expense  平成29年度研究スキルアップ経費(英語論文校閲経費支援)  2017-2017 
東洋医学における温度の概念の解明  Science research expense  早稲田大学 井深基金 東洋医学に関する研究  2016-2018 
雌ラットを用いた更年期女性の冷えと香辛料に関する基礎研究  Science research expense  平成28年度浦上食品・食文化振興財団研究助成  2016-2018 
View details...

Books
The Role of Estrogen in Modifying Thermoregulation and Related Behavioral Responses  2013/10/31  株式会社早稲田大学出版部  1-136  Yuki Uchida  978-4-657-13511-7   
徹底分析シリーズ 周術期の低体温[基礎編]呼吸・循環への低体温の影響 "体温の低下に対して変化は一様ではない 医療の介入や薬物による反応の増強に注意". LiSA (Life Support and Anesthesia)  2012/01/01  メディカル・サイエンス・インターナショナル  14-17  永島計, 時澤健, 内田有希     
Part2 Cold and Heat "Chapter 4 Thermoregulation". Wilderness Medicine 6th edition  2011/12/01  Elsevier  104-116  Mayumi Nakamura, Tamae Yoda, Ken Tokizawa, Yuki Uchida, Kei Nagashima  1437716784   
View details...

Papers
Effects of fasting/fasting-related hormones on circadian body temperature rhythm and thermoregulation  Clinical Autonomic Research  Academic Journal  Joint  in press  2017  Kei Nagashima, Ken Tokizawa, Shuri Marui, Yuki Uchida       
中等教育段階を中心とした家庭科学習における情報機器を導入した新たな教材の開発と提案  教育システム研究  Bulletin of Universities and Institutes  Joint  in press  2017  佐藤克成、才脇直樹、吉田哲也、内田有希、佐藤宏介、岩井大輔       
Effect of Systemic Estradiol Administration on Circadian Body Temperature and Activity Rhythms in Female Rats  Anatomy & Physiology: Current Research  Academic Journal  Joint  7/ 5, 1-6  2017/08  Yuki Uchida, Shuri Marui, Ken Tokizawa and Kei Nagashima    DOI: 10.4172/2161-0940.1000280   
Systemic estradiol administration to ovariectomized rats facilitates thermoregulatory behavior in a cold environment  Brain Research  Academic Journal  Joint  1670, 125-134  2017/06  Yuki Uchida, Kei Nagashima, Kazunari Yuri    10.1016/j.brainres.2017.06.009   
新たな衣服内温度計による女性の就寝中の衣類内温度計測の試み:ケースレポート  人間科学研究  Bulletin of Universities and Institutes  Joint  30/ 1, 15-18  2017/02  内田有希, 永島計, 森本恵子       
View details...

Research presentations
Conference presentation  雌ラットにおけるシナモアルデヒド塗布時の体温調節反応に対するエストラジオール投与の作用  第45回自律神経生理研究会  2017/12/02 
Conference presentation  The effect of menstrual cycle phase on foot skin temperature during mild local cooling in young women  第56回生気象学会大会  2017/10/28 
Conference presentation  Effect of estradiol administration on thermoregulatory responses induced by application of menthol in ovariectomized rats  第56回生気象学会大会  2017/10/27 
Etc.  雌ラットにおいてエストロゲンがL-メントール刺激時の体温調節反応へ与える影響  温熱生理研究会2017  2017/08/23 
Conference presentation  Estradiol attenuates blood pressure reactivity in ovariectomized rats exposed by chronic psychological stress  94th Annual Congress of Physiological Society of Japan  2017/03/29 
View details...

Academic awards
平成25年度赤枝医学研究財団研究助成金  2013/12/20  Domestic 
平成25年度学術研究書出版制度(早稲田大学モノグラフ) 採択  2013/07/13  Domestic 
日本生気象学会研究奨励賞  2012/11/10  Domestic 
林フェロー(プレ・ドクトラル)  2011/07/07  Domestic 
オブジェクト指向開発コンテスト(プログラム言語:JAVA)賞  2004/07/30  Domestic 
View details...

Alloted class
心身健康学概論Ⅱ 
心身健康学研究演習Ⅰ 
生活健康学概論 
生活健康学演習I 
アカデミックガイダンス 
View details...

Teaching achievements
ライフサイエンスセミナーの実施  2017/11/10-2017/11/10  「暑熱順化と脳の神経再生」について、松崎健太郎(講師、島根大学医学部環境生理学講座)先生にご講演頂いた。 
アカデミックガイダンス(付属校)  2017/09/05-2017/09/05  付属高校2,3年生に対し「子どもと高齢者の体温調節から健康を考える」というテーマで、講義・実習を行った。 
ライフサイエンスセミナーの実施  2017/06/30-2017/06/30  「女性ホルモンが体温変動に及ぼす影響から女性の生き方を考える」というタイトルで、若手女性研究者の丸井朱里(非常勤講師、帝京科学大学医療科学部東京理学療法学科)先生にご講演頂いた。 
ライフサイエンスセミナーの実施  2017/02/22-2017/02/22  女性研究者の高浪景子先生(学術振興会特別研究員RPD、岡山大学理学部附属臨海実験所)に「ホルモンによる知覚調節―ライフサイクルやストレス応答に着目して―」について、ご講演頂いた。 
スーパーサイエンススクール科目(付属中学校)  2016/12/22-2016/12/22  奈良女子大学付属中学校の中学1年生9名から研究室訪問を受けた。講義と実習(サーモグラフィを用いた皮膚温変化の観察、体温調節反射の観察)を行った。 
View details...

Social cooperation and an international exchange activity
フジキンソフト(株)研究協力  2016/07-2016/12     
一般社団法人日本生理学会 会員委員会委員としての活動  2016/04/01-Present  日本生理学会   
生理学女性科学者の会事務局役員インターネット担当としての活動  2012/04/01-Present  日本生理学会   
View details...

Memberships of academic societies
日本家政学会 2016/04/11-Present  Domestic
日本生気象学会 2009/08/01-Present  Domestic
日本神経科学学会 2008/07/01-Present  Domestic
日本生理学会 2007/10/01-Present  Domestic