教育実績
公開件数:9件
No. 実績名 実施期間 概要
1 ライフサイエンスセミナーの実施
2019/11/08-2019/11/08
ライフサイエンスセミナー(増田雄太先生・早稲田大学、国立スポーツ科学センター)を実施
2 ライフサイエンスセミナーの実施
2018/10/26-2018/10/26
「疼痛学事始め」について、小山なつ先生(准教授、滋賀医科大学生理学講座)先生にご講演頂いた。
3 ライフサイエンスセミナーの実施
2017/11/10-2017/11/10
「暑熱順化と脳の神経再生」について、松崎健太郎(講師、島根大学医学部環境生理学講座)先生にご講演頂いた。
4 アカデミックガイダンス(付属校)
2017/09/05-2017/09/05
付属高校2,3年生に対し「子どもと高齢者の体温調節から健康を考える」というテーマで、講義・実習を行った。
5 ライフサイエンスセミナーの実施
2017/06/30-2017/06/30
「女性ホルモンが体温変動に及ぼす影響から女性の生き方を考える」というタイトルで、若手女性研究者の丸井朱里(非常勤講師、帝京科学大学医療科学部東京理学療法学科)先生にご講演頂いた。
6 ライフサイエンスセミナーの実施
2017/02/22-2017/02/22
女性研究者の高浪景子先生(学術振興会特別研究員RPD、岡山大学理学部附属臨海実験所)に「ホルモンによる知覚調節―ライフサイクルやストレス応答に着目して―」について、ご講演頂いた。
7 スーパーサイエンススクール科目(付属中学校)
2016/12/22-2016/12/22
奈良女子大学付属中学校の中学1年生9名から研究室訪問を受けた。講義と実習(サーモグラフィを用いた皮膚温変化の観察、体温調節反射の観察)を行った。
8 ライフサイエンスセミナーの実施
2016/11/18-2016/11/18
「形態学的解析で切り拓く消化管運動制御機構の研究」について、若手女性研究者の玉田宏美(学術振興会特別研究員PD、名古屋大学医学部機能組織学研究室)先生にご講演頂いた。
9 ライフサイエンスセミナーの実施
2016/11/10-2016/11/10
「生殖機能を司る最上位の神経「キスペプチン神経」とその制御」について、若手研究者の山田俊児(講師、京都府立医科大学 解剖学教室)先生のご講演頂いた。