English
 研究院
 生活環境科学系
 食物栄養学領域
助教
市村    真祐子
Ichimura Mayuko

その他の所属・職名
生活環境学部 食物栄養学科

取得学位
博士(栄養学)  長崎県立大学  2015/03/19 

研究分野
食生活学 
食品科学 

キーワード
非アルコール性脂肪肝炎(NASH)、肝硬変、肝癌、病態モデル動物、コレステロール代謝、胆汁酸、プレバイオティクス 

共同・受託研究実績
男性骨粗鬆症のメカニズム解明、および食生活による予防効果の検討  男性骨粗鬆症のメカニズム解明、および食生活による予防効果の検討  2016-2017/05   
奈良県 地域栄養カレッジ推進事業  奈良県 地域栄養カレッジ推進事業  2016/07-2017/02  出資金による受託研究 
詳細表示...

著書
New Aspects in Molecular and Cellular Mechanisms of Human Carcinogenesis  2016/03/02  InTech Carcinogenesis in Human  53-66  Minami A, Murai T, Nakanishi A, Kitagishi Y, Ichimura M, Matsuda S.  978-953-51-2253-1   
詳細表示...

論文
A diet induced Sprague–Dawley rat model of nonalcoholic steatohepatitis-related cirrhosis.  J Nutr Biochem  学術雑誌  共著  40, 62-69  2017/02  Ichimura M, Masuzumi M, Kawase M, Sakaki M, Tamaru S, Nagata Y, Tanaka K, Suruga K, Tsuneyama K, Matsuda S, Omagari K.    10.1016/j.jnutbio.2016.10.007.   
PINK1 signaling in mitochondrial homeostasis and in aging.  Int J Mol Med  学術雑誌  共著  39/ 1, 3-8  2017/01  Kitagishi Y, Nakano N, Ogino M, Ichimura M, Minami A, Matsuda S.    10.3892/ijmm.2016.2827.   
PI3K/AKT signaling mediated by G-Protein-Coupled Receptors is involved in Neurodegenerative Parkinson’s Disease.  Int J Mol Med  学術雑誌  共著    2016  Nakano N, Matsuda S, Ichimura M, Minami A, Ogino M, Murai T, Kitagishi Y.       
Effective PI3K modulators for improved therapy against malignant tumors and for neuroprotection of brain damage after tumor therapy.  Int J Oncol  学術雑誌  共著  49, 1785-1790  2016  Matsuda S, Ichimura M, Ogino M, Nakano N, Minami A, Murai T, Kitagishi Y.       
Roles of PTEN with DNA Repair in Parkinson's Disease.  Int J Mol Sci  学術雑誌  共著  17/ 6, E954  2016/06  Ogino M, Ichimura M, Nakano N, Minami A, Kitagishi Y, Matsuda S.       
詳細表示...

研究発表
学会発表  fructooligosaccharidesによるNASH発症抑制効果  第36回アルコール医学生物学研究会学術集会  2017/01/27 
学会発表  フラクトオリゴ糖によるNASH改善効果の検討  第52回日本肝臓学会総会  2016/05/19 
学会発表  食品成分の破骨細胞分化への影響  第70回日本栄養・食糧学会大会  2016/05/15 
学会発表  NASHモデルマウスの腸内環境の解析  第19回日本肝臓学会大会  2015/10/08 
学会発表  「葛の花エキスTM」が非アルコール性脂肪肝を抑制する作用機序の検討  第36回日本肥満学会  2015/10/03 
詳細表示...