English
 研究院
 生活環境科学系
 食物栄養学領域
顔写真 教授
髙地   リベカ
Takachi Ribeka


その他の所属・職名
生活環境学部 食物栄養学科
人間文化研究科 博士前期課程 食物栄養学専攻
人間文化研究科 博士後期課程 共生自然科学専攻

出身大学院
東京農業大学  博士前期  農学研究科  食品栄養学専攻  2005/03/31  修了  国内   
東北大学  博士後期  医学系研究科  医科学専攻  2009/09/09  修了  国内   

出身学校
東京農業大学  農学部  栄養学科  1994/03/31  卒業  国内   

取得学位
修士(食品栄養学)  東京農業大学  2005/03/31 
博士(医学)  東北大学  2009/09/09 

研究分野
食生活学 
公衆衛生学・健康科学 

キーワード
栄養疫学、食事評価システム開発、減塩、介入研究 

研究テーマ
多目的コホートに基づくがん予防など健康の維持・増進に役立つエビデンスの構築に関する研究-次世代コホート(新潟県地域)における栄養摂取量把握の妥当性に関する研究  前向きコホート研究、食事評価、栄養疫学  2012- 
減塩効果に関する研究(無作為化比較試験)  reduced salt diet, randomized controlled trial  2012- 
新たな食生活評価システムの大規模疫学研究への導入と活用に関する研究  料理データベース、24時間思い出し法、食事評価  2015- 

共同・受託研究実績
多目的コホートに基づくがん予防など健康の維持・増進に役立つエビデンスの構築に関する研究-次世代コホート(新潟県地域)における栄養摂取量把握の妥当性に関する研究  国立がん研究センター研究開発費  2012/04-現在  国内共同研究 
詳細表示...

著書
コンパクト公衆栄養学第3版  2016/04/05  朝倉書店  60-76  石原淳子、他15名     
公衆栄養学実習  2012/06/20  建帛社    髙地リベカ・坪野吉孝・石原淳子 他11名  978-4-7679-0468-9   
詳細表示...

論文
Fruit and vegetable intake and pancreatic cancer risk in a population-based cohort study in Japan.  Int J Cancer  学術雑誌  共著  (in press)  2018/09  Yamagiwa Y, Sawada N, Shimazu T, Yamaji T, Goto A, Takachi R, Ishihara J, Iwasaki M, Inoue M, Tsugane S.       
Cruciferous vegetable intake and colorectal cancer risk: Japan Public Health Centerbased prospective study.  Euro J Cancer Prev  学術雑誌  共著  (in press)  2018/09  Mori N, Sawada N, Shimazu T, Yamaji T, Goto A, Takachi R, Ishihara J, Iwasaki M, Inoue M, Tsugane S.       
The Murakami Cohort Study of vitamin D for the prevention of musculoskeletal and other age-related diseases: a study protocol.  Environ Health Prev Med.  学術雑誌  共著  23/ 1, 28  2018/06  Nakamura K, Takachi R, Kitamura K, Saito T, Kobayashi R, Oshiki R, Watanabe Y, Kabasawa K, Takahashi A, Tsugane S, Iki M, Sasaki A, Yamazaki O.    10.1186/s12199-018-0715-2.   
Dietary Consumption of Antioxidant Vitamins and Subsequent Lung Cancer Risk: the Japan Public Health Center-based Prospective Study. Int J Cancer.  Int J Cancer.  学術雑誌  共著  142/ 12, 2441-60  2018/06  Narita S, Saito E, Sawada N, Shimazu T, Yamaji T, Iwasaki M, Ishihara J, Takachi R, Shibuya K, Inoue M, and Tsugane S, for the JPHC Study Group.       
Dietary patterns and Prostate Cancer risk in Japanese: the Japan Public Health Center-based Prospective Study (JPHC study).  Cancer Causes & Control  学術雑誌  共著  29/ 6, 589-600  2018/06  Shin S, Saito E, Sawada N, Ishihara J, Takachi R, Nanri A, Shimazu T, Yamaji T, Iwasaki M, Sasazuki S, Inoue M; and Tsugane S; for the JPHC Study Group.       
詳細表示...

研究発表
学会発表  The association with estimated dietary acid load and albuminuria in the Japanese adults.  American Society of Nephrology, Kidney Week 2018.  2018/10/23 
学会発表  アブラナ科野菜摂取と全死亡およびがん死亡リスクとの関連.  第77回 日本癌学会学術総会  2018/09/28 
シンポジウム発表、特別講演、招待講演等  「栄養疫学における食事評価の現状と課題 〜集団の疾病予防エビデンスづくりの視点から〜(日本疫学会から)」  第65回 日本栄養改善学会学術総会<日本疫学会・日本病態栄養学会・日本栄養改善学会共催シンポジウム>「栄養改善の効果につながる食事評価法を考える」  2018/09/05 
学会発表  質問票を用いた血中25(OH)D濃度予測式開発と開発集団内における妥当性  第65回 日本栄養改善学会学術総会  2018/09/04 
学会発表  Validity and reproducibility of isothiocyanate intake assessed by food frequency questionnaire in the JPHC-NEXT Validation Study: Comparison with 12-day weighed food records.  European Congress of Epidemiology, IEA  2018/07 
詳細表示...