English
 研究院
 生活環境科学系
 食物栄養学領域
顔写真 教授
髙地   リベカ
Takachi Ribeka


その他の所属・職名
生活環境学部 食物栄養学科
人間文化研究科 博士前期課程 食物栄養学専攻
人間文化研究科 博士後期課程 共生自然科学専攻

出身大学院
東京農業大学  博士前期  農学研究科  食品栄養学専攻  2005/03/31  修了  国内   
東北大学  博士後期  医学系研究科  医科学専攻  2009/09/09  修了  国内   

出身学校
東京農業大学  農学部  栄養学科  1994/03/31  卒業  国内   

取得学位
修士(食品栄養学)  東京農業大学  2005/03/31 
博士(医学)  東北大学  2009/09/09 

研究分野
食生活学 
公衆衛生学・健康科学 

キーワード
栄養疫学、食事評価システム開発、減塩、介入研究 

研究テーマ
多目的コホートに基づくがん予防など健康の維持・増進に役立つエビデンスの構築に関する研究-次世代コホート(新潟県地域)における栄養摂取量把握の妥当性に関する研究  前向きコホート研究、食事評価、栄養疫学  2012- 
減塩効果に関する研究(無作為化比較試験)  reduced salt diet, randomized controlled trial  2012- 
新たな食生活評価システムの大規模疫学研究への導入と活用に関する研究  料理データベース、24時間思い出し法、食事評価  2015- 

共同・受託研究実績
多目的コホートに基づくがん予防など健康の維持・増進に役立つエビデンスの構築に関する研究-次世代コホート(新潟県地域)における栄養摂取量把握の妥当性に関する研究  国立がん研究センター研究開発費  2012/04-現在  国内共同研究 
詳細表示...

著書
コンパクト公衆栄養学第3版  2016/04/05  朝倉書店  60-76  石原淳子、他15名     
公衆栄養学実習  2012/06/20  建帛社    髙地リベカ・坪野吉孝・石原淳子 他11名  978-4-7679-0468-9   
詳細表示...

論文
Effect of monitoring salt concentration of home-prepared dishes and using low-sodium seasonings on sodium intake reduction.  Eur J Clin Nutr.  学術雑誌  共著  in press  2017  Nakadate M, Ishihara J, Iwasaki M, Kitamura K, Kato E, Tanaka J, Nakamura K, Ishihara T, Shintani A, Takachi R.       
Weight loss from 20 years of age is associated with cognitive impairment in middle-aged and elderly individuals.  PLoS One  学術雑誌  共著  12/ 10, e0185960  2017  Kitamura K, Watanabe Y, Nakamura K, Takahashi A, Takachi R, Oshiki R, Kobayashi R, Saito T, Tsugane S, Sasaki A.       
Dietary patterns and colorectal cancer risk in middle-aged adults: A large population-based prospective cohort study.  Clin Nutr.  学術雑誌  共著  S0261-5614/ 17, 30154-1.  2017  Shin S, Saito E, Sawada N, Ishihara J, Takachi R, Nanri A, Shimazu T, Yamaji T, Iwasaki M, Sasazuki S, Inoue M, Tsugane S; JPHC Study Group.       
Dietary patterns and all-cause, cancer, and cardiovascular disease mortality in Japanese men and women: the Japan Public Health Center-based Prospective Study.  PLOS ONE  学術雑誌  共著  (in press)  2017/04  Nanri A, Mizoue T, Shimazu T, Ishihara J, Takachi R, Noda M, Iso H, Sasazuki S, Sawada N, Tsugane S, for the Japan Public Health Center-based Prospective Study Group.       
Cruciferous vegetable intake is inversely associated with lung cancer risk among male current nonsmokers in the JPHC Study.  J Nutr  学術雑誌  共著  (in press)  2017/03  Mori N, Shimazu S, Sasazuki S, Nozue M, Mutoh M, Sawada N, Iwasaki M, Yamaji T, Inoue M, Takachi R, Sunami A, Ishihara J, Sobue T, and Tsugane S; the JPHC Study Group.       
詳細表示...

研究発表
学会発表  家庭調味モニタリングの介入研究ベースラインにおける地域別基本特性の検討(2)食習慣・食嗜好.  第27回日本疫学会学術総会  2017/01/27 
学会発表  家庭調味モニタリングの介入研究ベースラインにおける地域別基本特性の検討(1) ナトリウム・高塩分食品摂取.  第27回日本疫学会学術総会  2017/01/27 
学会発表  野菜・果物摂取と全がん罹患率との関係:日本人における大規模コホートのプール解析.  第27回日本疫学会学術総会  2017/01/27 
学会発表  味付けの好み・食行動と24時間尿中ナトリウム排泄量(5回/年)との関連  第26回 日本疫学会学術総会  2016/01/23 
学会発表  家庭調味モニタリング介入の効果~対象者特性別層別解析~  第62回日本栄養改善学会学術総会  2015/09/26 
詳細表示...