English
 研究院
 自然科学系
 物理学領域
顔写真 助教
下村    真弥
Shimomura Maya

Tel.0742-20-3484
Fax.0742-20-3484

兼務職
理化学研究所 客員研究員 

その他の所属・職名
理学部 数物科学科 物理学コース
人間文化研究科 博士前期課程 物理科学専攻

職歴
筑波大学・研究員  2009/02-2011/04 
米国アイオワ州立大学・研究員  2011/04-2014/03 
高エネルギー加速器研究機構・助教  2014/04-2015/01 

出身大学院
筑波大学  博士前期   数理物質科学研究科  物理学専攻  2004/03/31  修了  国内   
筑波大学  博士後期  数理物質科学研究科  物理学専攻  2009/01/31  単位取得満期退学  国内   

出身学校
奈良女子大学  理学部  物理科学科  2002/03/31  卒業  国内   
米国アイオワ州立大学  人文・理学部  物理・天文学科  2001/06  その他  国外  アメリカ合衆国 

取得学位
修士(理学)  筑波大学  2004/03/31 
博士(理学)  筑波大学  2009/11/30 

免許・資格
衛生工学衛生管  2015/08/06   

研究分野
素粒子・原子核・宇宙線・宇宙物理 

キーワード
QGP クォークグルーオンプラズマ RHIC PHENIX LHC ALICE フロー 集団運動 v2 海外での物理実験 

研究テーマ
『相対論的重イオン衝突における方位角異方性の測定』  高エネルギー重イオン衝突を扱う実験物理屋です。現在は、RHIC-PHENIXのメンバーで、LHC-ALICEに過去参加していたことがあり、2016年度からは、再びLHC-ALICEのメンバーになります。主な興味は、相対論的重イオン衝突における、フロー解析によって、クォークグルーオンプラズマ(QGP)ができる境界条件を調べることです。  2003- 

科学研究費採択
温度の異なる高温QCD物質とボトムクォークとの結合の強さの測定  若手研究(B)  2016-2018 
詳細表示...

論文
Nuclear dependence of the transverse-single-spin asymmetry for forward neutron production in polarized p + A collisions at √s_NN=200 GeV  arXiv:1703.10941  学術雑誌  共著    2017/03  PHENIX Collaboration       
Cross section and transverse single-spin asymmetry of muons from open heavy-flavor decays in polarized p+p collisions at √s=200 GeV  arXiv:1703.09333  学術雑誌  共著    2017/03  PHENIX Collaboration       
Measurement of the relative yields of ψ(2S) to ψ(1S) mesons produced at forward and backward rapidity in p+p, p+Al, p+Au, and 3He + Au collisions at √sNN = 200 GeV  Phys. Rev. C  学術雑誌  共著  95/ 3, 034904  2017/03  PHENIX Collaboration    10.1103/PhysRevC.95.034904  機関リポジトリ 
Nonperturbative-transverse-momentum effects and evolution in dihadron and direct photon-hadron angular correlations in p+p collisions at √s = 510 GeV  arXiv:1609.04769  学術雑誌  共著    2017/02  PHENIX Collaboration       
Measurements of e+e− pairs from open heavy flavor in p+p and d+A collisions at √s_NN=200 GeV  arXiv:1702.01084  学術雑誌  共著    2017/02  PHENIX Collaboration       
詳細表示...

研究発表
シンポジウム発表、特別講演、招待講演等  高エネルギー原子核衝突実験の将来展望  日本物理学会第72回年次大会(シンポジウム講演)  2017/03/17 
シンポジウム発表、特別講演、招待講演等  PHENIX results on charged-hadron azimuthal anisotropies in Au+Au collisions at center-of-mass energies from 39 to 200 GeV  Quark Matter 2017  2017/02/08 
シンポジウム発表、特別講演、招待講演等  Measurement of azimuthal anisotropy at RHIC-PHENIX  XLVI International Symposium on Multiparticle Dynamics(ISMD2016)  2016/08/29 
シンポジウム発表、特別講演、招待講演等  Latest heavy flavor and quarkonia results with PHENIX  Rencontres de Moriond QCD and High Energy Interactions  2016/03/25 
講演会、研究集会  Introduction of Nara Women's University  4th Japan-Korea PHENIX Collaboration Meeting  2015/10/19 
詳細表示...

担当授業科目
高エネルギー原子核実験物理学 
物理学特別実験1 
物理学実験2 
物理学基礎実験 1 
物理学実験1(A) 
詳細表示...

教育実績
KEKでのサマーチャレンジにおけるキャリアビルディングのパネリスト   2015/08/23-2015/08/23   
KEKでのサマーチャレンジ  2009/08/20-2009/08/28  KEKで行われる学部3回生向けのサマーチャレンジでの実習プログラム『ラドン検出器の制作と測定』を担当 
宇宙史一貫プログラム@筑波大学  2009/02/01-2011/03/31  プログラムの現場監督としてスイスのセルン研究所で大学院生の研究指導を行った。学生達が約1ヶ月という短い期間でも研究成果を出せるよう、研究・生活両面で様々なサポートと指導を行った。本格的に始動して間もなかったこのプログラムは、良い評価を受けて、更に継続されることが決まった。 
詳細表示...

所属学会
日本物理学会 2004-現在  国内

公開講座
新技術創成研究所国際セミナー「世界で活躍する技術者育成を目指して ~ドイツに学ぶマイスター&研究者育成法~」  長崎総合科学大学 新技術創成研究所  2017/03-2017/03 
詳細表示...