English
 研究院
 自然科学系
 化学領域
顔写真 教授
藤井   浩
Fujii Hiroshi


その他の所属・職名
理学部 化学生命環境学科 化学コース
人間文化研究科 博士前期課程 化学専攻
人間文化研究科 博士後期課程 共生自然科学専攻

職歴
北海道大学理学部化学科 助手  1990/04/01-1990/10/31 
ミネソタ大学化学科 博士研究員  1992/11/01-1994/01/31 
山形県テクノポリス財団生物ラジカル研究所 主任研究員  1994/02/01-1998/02/28 
岡崎国立共同研究機構分子科学研究所 助教授  1998/03/01-2001/01/31 
岡崎国立共同研究機構統合バイオサイエンスセンター 助教授
同機構分子科学研究所 助教授兼務  2001/02/01-2004/03/31 
自然科学研究機構岡崎統合バイオサイエンスセンター 助教授
同機構分子科学研究所 助教授兼務  2004/04/01-2007/03/31 
自然科学研究機構岡崎統合バイオサイエンスセンター 准教授
同機構分子科学研究所 准教授兼務  2007/04/01-2014/03/31 
奈良女子大学研究院自然科学系化学領域 教授  2014/04/01-現在 

出身大学院
京都大学  博士後期      1990/03/23    国内   

取得学位
工学博士(京都大学)  京都大学  1990/03/23 

研究分野
物理化学 
無機化学 

キーワード
金属イオン、酵素、タンパク質、反応中間体、反応性、電子構造 

研究テーマ
酸化反応に関わる金属酵素の機能発現の分子機構の研究  チトクロームP450、ペルオキシダーゼ、カタラーゼ   

共同・受託研究実績
配位環境制御および反応環境制御によるメタン酸化触媒の開発  戦略的創造研究推進事業  2016/10-2022/03   
詳細表示...

著書
フロンティア 生物無機化学  2016/12/01  三共出版         
クライトン「生物無機化学」  2016/03/30  東京化学同人    塩谷光彦他12名     
Heme Peroxidases  2016/01/01  Royal Society of Chemistry         
化学実験テキスト 第4版(下)  2015/03/31  奈良女子大学理学部化学生命環境学科化学コース    藤井 浩 他17名     
Paramagnetic Resonance of Metallobiomolecules, ACS Book Series 858  2003  American Chemical Society    Masao Ikeda-Saito and Hiroshi Fujii     
詳細表示...

論文
Participation of Electron-Transfer Process in Rate-Limiting Step of Aromatic Hydroxylation Reactions by Compound I Models of Heme Enzymes  J. Am. Chem. Soc.  学術雑誌  共著  138, 8048-8051  2016/06         
The Origin of Relative Stability of Di-μ-oxo M-M Chiral Salen Complexes [M-M = Ti (IV)-Ti(IV), V(IV)-V(IV), Cr(IV)-Cr(IV) and Mn(IV)-Mn(IV)]: A Quantum-Chemical Analysis  Bull. Chem. Soc. Jp.  学術雑誌  共著  89, 447-454  2016/04  Radhika Narayanan, Archana Velloth, Takuya Kurahashi, Masahiko Hada       
Unique coupling of mono- and dioxygenase chemistries in a single active site promotes heme degradation  Proc. Natl. Acad. Sci.  学術雑誌  共著  113, 3779-3784  2016/04  Toshitaka Matsui, Shusuke Nambu, Celia W. Goulding, Satoshi, Takahashi, Masao Ikeda- Saito       
The Functional Role of the structure of the Dioxo-isobacteriochlorin Structure in the Catalytic Site of Cytochrome cd1 for the Reduction of Nitrite  Chem. Sci.  学術雑誌  共著  7, 2896-2906  2016/04         
Factors Affecting Hydrogen-Tunneling Contribution in Hydroxylation Reactions Promoted by Oxoiron(IV) Porphyrin π-Cation Radical Complexes  Inorg. Chem.  学術雑誌  共著  53, 10632-10641  2014  Zhiqi Cong, Haruki Kinemuchi, Takuya Kurahashi, and Hiroshi Fujii       
詳細表示...

研究発表
学会発表  鉄4価ポルフィリンπカチオンラジカルによるオレフィンエポキシ化反応における電子移動過程への寄与について  日本化学会第97回春期年会  2017/03/16 
学会発表  鉄3価ヘム次亜塩素酸錯体のO-Cl結合開裂に対する配位子の効果  日本化学会第97回春期年会  2017/03/16 
シンポジウム発表、特別講演、招待講演等  Mechanism of Aromatic Hydroxylation Reactions by Compound I of Cytochrome P450  8th Asian Biological Inorganic Chemistry Conference (Asbic8)  2016/12/04 
学会発表  マンガン4価サレン次亜塩素酸イオン付加錯体の同定と反応性の研究  第49回酸化反応討論会  2016/11/12 
学会発表  鉄4価オキソポルフィリンπ-カチオンラジカル錯体における配位子の構造と反応性の関係  第49回酸化反応討論会  2016/11/12 
詳細表示...

担当授業科目
実践化学英語II 
生体分子科学 
奈良女子大の化学 
卒業研究1 
化学生命環境学入門 
詳細表示...

所属学会
アメリカ化学会 1992-現在  国内
日本化学会 1986-現在  国内