日本語
 Faculty
 Division of Humanities and Social Sciences
 Research Group of Language and Culture
Associate Professor
Konno   Hiroaki
Birth:1976

My website is here.

Other faculty or department / position
Faculty of Letters Department of Language and Culture Courses of European and American Literature
Graduate School of Humanities and Sciences Master's Course Department of Language and Culture

Career
筑波大学大学院博士課程人文社会科学研究科博士特別研究員  2005/04/01-2005/05/23 
茨城県立医療大学人間科学センター非常勤嘱託員  2005/04/01-2006/03/31 
筑波大学外国語センター非常勤講師  2005/05/24-2006/03/31 
高崎健康福祉大学薬学部講師  2006/04/01-2010/03/31 
高崎経済大学地域政策学部非常勤講師  2007/04/01-2010/03/31 
和光大学表現学部総合文化学科講師  2010/04/01-2013/03/31 
奈良女子大学研究院人文科学系言語文化学領域准教授  2013/04/01-Present 

Graduate school
University of Tsukuba  Doctor course  Graduate School, Division of Literature and Linguistics  言語学専攻  2005/03/31  Completed  Domestic   

School
Ibaraki University  Faculty of Humanities  人文学科  1999/03/31  Graduated  Domestic   

Academic degrees
MA in Linguistics  University of Tsukuba  2001/03/31 
Ph.D. in Linguistics  University of Tsukuba  2005/03/25 

Current research field
Linguistics 
English Studies 

Research keywords
Syntax, Semantics, Pragmatics, Interface, Peripheral Phenomena, Markedness, Iconicity 

Subject of research
日英語の意味・語用論的志向性  デフォルト志向性、伝達性、視点、出来事  2015- 
Syntax/Pragmatics Interface  Syntax, Pragmatics, Peripheral Phenomena, Functional Categories, Communicative Intention, Iconicity  2012- 
Relation between Formal Markedness and Functional Specialization  Markedness, Functional Specialization, Peripheral Phenomena  2004- 

Scientific inquiry expense
「日英語の意味・語用論的志向性に関する記述的・理論的研究」  基盤研究(C)一般  2015-2018 
「統語論と語用論のインターフェイスに関する日英語対照研究」  若手研究(B)  2012-2014 
「日英語の周辺的現象における形と意味のインターフェイスに関する研究」  若手研究(B)  2008-2009 
View details...

Papers
「デフォルト志向性の解除」  廣瀬幸生・島田雅晴・和田尚明・金谷優・長野明子(編)『三層モデルでみえてくる言語の機能としくみ』, 開拓社, 東京  Other  Only  69-89  2017/11         
「イ落ち構文における主語の有無」  天野みどり・早瀬尚子(編)『構文の意味と拡がり』, くろしお出版, 東京  Other  Only  163-182,  2017/11         
"The Grammatical Significance of Private Expression and Its Implications for the Three-Tier Model of Language Use"  English Linguistics  Academic Journal  Only  32/ 1, 139–155  2015/06         
「『からの』の単独用法について」  KLS  Academic Journal  Only  35, 335-346  2015/06         
「副詞的『やばい』の公的表現志向性とその動機付け」  深田智,西田光一,田村敏広(編)『言語研究の視座』, 開拓社, 東京.  Other  Only  325-341  2015/03         
View details...

Research presentations
Etc.  「問い返し疑問と時制体系と時制辞の欠如」  洛中ことば倶楽部第12回例会  2017/09 
Symposium  「イ落ち構文の特異性ー主語の有無の観点からー」  意味論研究会(第4回)  2016/12 
Symposium  「イ落ち構文における主語の有無」  『三層フェスタ』プレワークショップ:若手が拓く言語研究の新領域  2016/09 
Symposium  「日本語の伝達的構文・英語の非伝達的構文とデフォルト志向性の解除」  科研費基盤研究(C)「日本語の自動詞構文と意味に関する研究(課題番号:25370527、研究代表者:福島みどり)」講演会  2015/09 
Etc.  「デフォルト志向性の解除-日英語の伝達性との関連から」  洛中ことば倶楽部第4回例会  2015/07 
View details...

Academic awards
The Best Paper Award of LSJ  2012/11/25  Domestic 
View details...

Alloted class
プレゼンテーション・イングリッシュ (4) 
ことばのしくみ 
ヨーロッパ・アメリカ言語文化学卒業論文演習Ⅰ 
英語分析論特殊研究 
英語構造論特論Ⅰ 
View details...

Memberships of academic societies
奈良女子大学英語英米文学会 2013-Present  Domestic
関西言語学会 2013-Present  Domestic
日本言語学会 2006-Present  Domestic
英語語法文法学会 2006-Present  Domestic
日本語文法学会 2005-Present  Domestic
大会委員会委員 2016/04/01-Present
日本認知言語学会 2000-Present  Domestic
日本英語学会 1999-Present  Domestic
事務局書記(大会運営委員会、評議員会、広報委員会担当) 2009/04-2010/03
第26回大会開催校協力委員 2008/11-2008/11
筑波英語学会 1999-Present  Domestic