論文
公開件数:17件
No. 発表論文の標題 掲載誌名 論文誌種別 単著・共著区分 巻号頁 出版日 共著者名 ISSN DOI 機関リポジトリ
1 ジェンダー法学の可能性ー高校教育から生涯教育まで
ジェンダー法研究
学術雑誌
単著
1, 75-89
2014/12




2 持続可能な社会とジェンダー
法の科学
学術雑誌
単著
45, 53-64
2014/07




3 『市民教養』としてのジェンダー法学ー≪共生≫のための技法を学ぶ
学術の動向
学術雑誌
単著
2014年5月号, 7-47
2014/05




4 歴史のなかのセクシュアリティー同性愛/性的指向の比較文化史
アジア・ジェンダー文化学研究センター・ニュースレター
大学・研究所紀要
単著
13, 2-7
2014/03




5 LGBTIの権利保障ー歴史と比較を通して
歴史地理教育 
学術雑誌
単著
813, 18-25
2013/12




6 シリーズ企画ー学問領域とジェンダー:ジェンダー法学の動向―ジェンダー法学会10周年を迎えて
ジェンダー史学(ジェンダー史学会学会誌)
学術雑誌
単著
9, 75-78
2013/10




7 総論ー親密関係とセクシュアリティ
ジェンダーと法(ジェンダー法学会学会誌)
学術雑誌
単著
10, 75-89
2013/07




8 自己決定権とジェンダー:フロアとの討論
ジェンダーと法
学術雑誌
共著
9, 128-132
2012/07




9 自己決定権とジェンダー:問題提起
ジェンダーと法
学術雑誌
単著
9, 61-66
2012/07




10 マスキュリニティの比較文化史―課題と展望
女性史学
学術雑誌
単著
22, 33-61
2012/07




11 討論の総括と今後の展望ー教科書の書き換えは可能か?
学術の動向
学術雑誌
単著
2010/ 5, 83-86
2010/05




12 特集<戦後日本の家族研究>巻頭言:特集によせて
比較家族史研究
学術雑誌
単著
23, 4-6
2009/06




13 大学生の歴史素養の実態と今後の課題―第20期日本学術会議法学委員会法史学・歴史法社会学分科会の調査結果から
学術の動向
学術雑誌
単著
2008/ 10
2008/10




14 「ジェンダー」概念の展開と有効性-学際的協力の可能性
ジェンダーと法
学術雑誌
単著
5, 72-83
2008/06




15 「ジェンダー史」の課題と展望
西洋史学
学術雑誌
単著
229, 42-57
2008/05




16 ジェンダーと法の現在ー「性と生殖」をめぐって
法律時報
学術雑誌
単著
増刊, 53-67
2008/04




17 公と私をジェンダー論から考える
学術の動向
学術雑誌
単著
2007/ 8, 45-52
2007/08