English
 研究院
 自然科学系
 物理学領域
准教授
太田   直美
OTA Naomi

個人ウェブサイトはこちら

その他の所属・職名
理学部 数物科学科 物理学コース
人間文化研究科 博士前期課程 物理科学専攻

職歴
日本学術振興会特別研究員(DC1)  1998/04/01-2001/03/31 
日本学術振興会特別研究員(PD)  2001/04/01-2004/03/31 
理化学研究所 基礎科学特別研究員  2004/04/01-2007/03/31 
JAXA 宇宙航空プロジェクト研究員  2007/04/01-2009/03/31 
フンボルト財団奨学研究員  2007/07-2009/03 
東京理科大学理学部第一部物理学科助教  2009/04/01-2010/10/31 
奈良女子大学理学部物理科学科助教  2010/12/01-2014/03/31 
奈良女子大学自然科学系物理学領域  2014/04/01-現在 

出身大学院
東京大学  修士  理学系研究科  物理学  1998/03  修了  国内   
東京大学  博士  理学系研究科  物理学  2001/03  修了  国内   

出身学校
東京大学  理学部  物理学科  1996/03  卒業  国内   

取得学位
博士(理学)  東京大学  2001/03 

研究分野
天文学 
素粒子・原子核・宇宙線・宇宙物理 

キーワード
宇宙物理学、X線天文学 

研究テーマ
銀河団の構造進化の観測的研究  銀河団、高温プラズマ、ダークマター、宇宙構造形成   
超高分解能X線カロリメータの開発実験  宇宙物理学、X線天文学   

論文
Suzaku observations of the merging galaxy cluster Abell 2255: The northeast radio relic  Astronomy & Astrophysics  学術雑誌  共著  600, id. A100  2017/04  Akamatsu, H.; Mizuno, M.; Ota, N.; Zhang, Y.-Y.; van Weeren, R. J.; Kawahara, H.; Fukazawa, Y.; Kaastra, J. S.; Kawaharada, M.; Nakazawa, K.; Ohashi, T.; Röttgering, H. J. A.; Takizawa, M.; Vink, J.; Zandanel, F.    10.1051/0004-6361/201628400   
Hitomi Constraints on the 3.5 keV Line in the Perseus Galaxy Cluster  The Astrophysical Journal  学術雑誌  共著  837/ 1, article id. L15  2017/03  Hitomi Collaboration    10.3847/2041-8213/aa61fa   
Search for the warm–hot intergalactic medium around A 2744 using Suzaku  Publications of the Astronomical Society of Japan  学術雑誌  共著    2017/03  Hattori, Shiho; Ota, Naomi; Zhang, Yu-Ying; Akamatsu, Hiroki; Finoguenov, Alexis    https://doi.org/10.1093/pasj/psx011   
The Sunyaev-Zel'dovich effect at 5″: RX J1347.5-1145 imaged by ALMA  Publications of the Astronomical Society of Japan  学術雑誌  共著  68/ 5, id.88  2016/10  Kitayama, Tetsu; Ueda, Shutaro; Takakuwa, Shigehisa; Tsutsumi, Takahiro; Komatsu, Eiichiro; Akahori, Takuya; Iono, Daisuke; Izumi, Takuma; Kawabe, Ryohei; Kohno, Kotaro; Matsuo, Hiroshi; Ota, Naomi; Suto, Yasushi; Takizawa, Motozaku; Yoshikawa, Kohji    10.1093/pasj/psw082   
DIOS: the dark baryon exploring mission  Proceedings of the SPIE  学術雑誌  共著  9905, id. 99051N 10 pp.  2016/07  Ohashi, T., et al.    10.1117/12.2232274   
詳細表示...

研究発表
シンポジウム発表、特別講演、招待講演等  Suzaku study of the WHIM and future prospects  Whereabouts and Physics of the Roaming Baryons in the Universe  2017/07/10 
学会発表  1-80 keV の広帯域X線を高感度で撮像分光する次世代の小型科学衛星計画 FORCE:2017年のステータス  日本物理学会 第72回年次大会  2017/03/20 
学会発表  すざく衛星を用いた A222/223 ブリッジ領域におけるミッシングバリオン探査  日本天文学会2017年春季年会  2017/03/16 
学会発表  ALMA によるスニヤエフ・ゼルドビッチ効果の初観測  日本天文学会2017年春季年会  2017/03/16 
学会発表  「ひとみ」SXS 精密分光による銀河団プラズマの新X線スペクトル構造探査  日本天文学会2017年春季年会  2017/03/15 
詳細表示...

担当授業科目
物理学実験1(A) 
物理学基礎実験1 
社会に出るまでに知っておきたい科学 
数学物理の歩き方 
物理学特別実験1 
詳細表示...

教育実績
アカデミックガイダンス  2015/09-2015/09   
詳細表示...

社会連携・国際交流活動
科学における女性と女児の国際デー  2017/02/11-2017/02/18     
The 6th ASTRO-H Summer WorkshopのSOCおよびLOC  2015/08/27-2015/08/29     
詳細表示...

所属学会
日本天文学会 -現在  国内
日本物理学会 -現在  国内
高エネルギー宇宙物理連絡会 -現在  国内
International Astronomical Union 2012-現在  国外