English
 研究院
 自然科学系
 化学領域
教授
梶原   孝志
KAJIWARA Takashi

1968年生まれ
Tel.0742-20-3402

その他の所属・職名
理学部 化学生命環境学科 化学コース
人間文化研究科 博士前期課程 化学専攻
人間文化研究科 博士後期課程 共生自然科学専攻

出身大学院
東北大学    理学研究科        国内   

取得学位
博士(理学)  東北大学   

研究分野
無機化学 

キーワード
錯体化学、磁気化学、希土類化学 

研究テーマ
希土類系単分子磁石の磁気特性設計,合成と評価  希土類,単分子磁石,錯体,磁気化学,構造化学   

共同・受託研究実績
f金属錯体における特異な磁気特性の詳細の解明  東北大学金属材料研究所 共同利用研究  2013/04-2016/03  国内共同研究 
f金属錯体の磁気異方性制御  東北大学金属材料研究所 共同利用研究  2010/04-2013/03  国内共同研究 
詳細表示...

論文
Light Lanthanide Complexes with Crown Ether and Its Aza Derivative Which Show Slow Magnetic Relaxation Behaviors  Inorg. Chem.  学術雑誌  共著  56, 147-155  2017  Hisami Wada, Sayaka Ooka, Tomoo Yamamura, Takashi Kajiwara*    10.1021/acs.inorgchem.6b01764   
Slow Magnetic Relaxation of Lanthanide(III) Complexes with a Helical Ligand  Magnetochemistry  学術雑誌  共著  2, 43  2016/12  Hisami Wada, Sayaka Ooka, Daichi Iwasawa, Miki Hasegawa,* Takashi Kajiwara*    10.3390/magnetochemistry2040043   
One-dimensional Magnus-type platinum double salt  Nature Commun.,  学術雑誌  共著  7, 11950  2016/06  Christopher H. Hendon, Aron Walsh Norinobu Akiyama, Yosuke Konno, Takashi Kajiwara, Tasuku Ito, Hiroshi Kitagawa, Ken Sakai    10.1038/ncomms11950   
Slow magnetic relaxation of light lanthanide-based linear LnZn2 trinuclear complexes  Dalton Trans.  学術雑誌  共著  44, 18276–18283  2015  Chika Takehara, Poh Ling Then, Yumiko Kataoka, Motohiro Nakano, Tomoo Yamamura, and Takashi Kajiwara*    10.1039/c5dt03148f   
Structural switching from paramagnetic to single-molecule magnet behaviour of LnZn2 trinuclear complexes  Dalton Trans.  学術雑誌  共著  44, 18038-1804  2015  Poh Ling Then, Chika Takehara, Yumiko Kataoka, Motohiro Nakano, Tomoo Yamamura, and Takashi Kajiwara*    10.1039/c5dt02965a   
詳細表示...

研究発表
学会発表  直線状TM(II)−Tb(III)−TM(II)三核錯体において反磁性金属イオンがTb(III)イオンの遅い磁化緩和に及ぼす効果 (TM(II) = Mg(II),Zn(II),Cd(II))  日本化学会第97春季年会  2017/03/17 
学会発表  三回対称性をもつMg(II)–Ln(III)–Mg(II)三核錯体 (Ln = Ce, Pr, Nd)の合成と構造および磁気特性の比較  日本化学会第97春季年会  2017/03/17 
シンポジウム発表、特別講演、招待講演等  分子磁性体の最近の話題~d金属とf金属の違いを中心に  錯体化学若手の会 第55回 近畿支部 勉強会  2016/11/19 
シンポジウム発表、特別講演、招待講演等  分子サイズの磁石を作る~分子磁性体の仕組みと設計 Syntheses of Molecular-based Magnets ‒ Designing of Magnetic Anisotropy ‒  日本希土類学会第34回講演会  2016/11/04 
学会発表  3回対称を持つLn(III)単分子磁石に対する側鎖導入の効果  錯体化学会第66回討論会  2016/09/11 
詳細表示...

担当授業科目
奈良女子大の化学 
化学セミナー3 
卒業研究3 
化学セミナー4 
卒業研究4 
詳細表示...

所属学会
American Chemical Society 2010-現在  国外
日本希土類学会 2008-現在  国内
分子科学会 2007-現在  国内
錯体化学会 1991-現在  国内
日本化学会 1991-現在  国内